fc2ブログ

記事一覧

【ご案内】安聖民「興甫歌」完唱公演
日時:2019年6月29日(土) 午後1時開場 午後2時開演 場所:吹田市文化会館メイシアター 中ホール(阪急千里線吹田駅下車すぐ) 入場料:前売4000円 当日4500円 主催:『興甫歌』公演実行委員会 共催:特定非営利法人コリアNGOセンター 後援:駐大阪大韓民国総領事館韓国文化院、在日本大韓民国民団大阪府地方本部、大阪韓国教育院  韓国の伝統芸能パンソリの唱者・安聖民(アンソンミン)は、大阪・生野区を拠点に活躍している在日コリアン3世です。 1 998年に韓国にわたり、重要無形文化財技能保有者(人間国宝)である南海星(ナムヘソン)先生のもとでパンソリの修行に励み、2016年に韓国の重要無形文化財第5号パンソリ『水宮歌』の履修者として正式認定されました。在日コリアンがパンソリの履修者と認められるのは、安聖民が初めてです。これを記念して同年2度目の『水宮歌』完唱公演をソウルと大阪で開催しました。  パンソリは一つの演目に2時間から8時間を要するものもあり、普段の公演では物語の一部分を語るだけです。物語を最初から最後まで唱いあげる完唱公演は、演者の精神的体力的な負担が大きいために、何度も行うことはありません。演者にとって完唱公演とは、毎回が「挑戦」なのです。  前回の『水宮歌』完唱公演から3年がたち、安聖民は『興甫歌(フンボガ)』完唱公演に新たに挑もうとしています。みなさま、履修者としてより成熟した安聖民のパンソリをぜひ体感してください。
安聖民プロフィール

安聖民 あんそんみん

Author:安聖民 あんそんみん
1966年大阪市生野区生まれ。在日3世。私立関西大学文学部史学・地理学科卒。
大学卒業後、公立小学校の民族学級講師として在日同胞の民族教育に献身するかたわら、民族文化牌・マダンの活動においても中心的役割を担う。
1998年より韓国に留学。漢陽大学音楽大学院国楽科修士課程を修了。
重要無形文化財第5号パンソリ「水宮歌」技能保有者・南海星先生に師事し、2016年履修者となる。
2006年「水宮歌」完唱公演。2013年 第40回南原春香国楽大典・名唱部にて審査員特別賞受賞。
年4回定期公演「安聖民パンソリライブ」(2016年6月現在vol.26)の他、落語家・桂花團治や狂言師・安東伸元など、日本の伝統芸能との共演も数多い。2012年からは浪曲師・玉川奈々福、作家・姜信子と語り物芸ユニット“かもめ組”を組み、東京・大阪・福岡など各地で浪曲とパンソリの共演活動を展開している。

安聖民パンソリ「水宮歌」完唱公演 チケット申し込み
リンク
最新記事
これまでブログをご覧になったお客様
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: